血管の老化を予防するために必要な栄養素!亜鉛の効果と効果的な摂取方法

血管の年齢を若くしていつまで若々しくいたい

あなたもそう思っていませんか?

年をとってくると動脈硬化が進み心筋梗塞や脳梗塞などのリスクが自然と高まってきます。

血管を常に若々しく保つことができていれば、脳梗塞や心筋梗塞といった病気のリスクを下げることができますね。

つまりいつでも血管の柔軟性を保っていたいもの。

あなたの血管は大丈夫でしょうか。

今回はあれテレビの中で血管を若くする嫁の栄養素について勉強したので私の備忘録としてこの記事に残していきたいと思います。

栄養素である亜鉛があなたの血管を若くしてくれる

最近の研究で栄養素の亜鉛が血管の柔軟性を持ち血管若返らせてくれるということがわかりました。

「血管は1度動脈硬化を起こすと戻らない」なんて聞いたことがあると思いますが、実はそうじゃありません。

もし今あなたが動脈硬化や、過去に脳梗塞心筋梗塞などを患って悩んでいても、これからしっかり亜鉛をとることで血管をまた還らせることができますよ。

体の中に亜鉛が不足すると味覚異常起こす

あなたは濃い味のものが好きじゃありませんか?

体の中の亜鉛が減ると味覚を感じる舌の上にある味蕾という細胞が減ります。

味蕾細胞が減ると、味をしっかり感じられなくなるので濃い味付けを普通の味と感じるようになります。

普段から、

・濃い味付けのものが好き
・他の人とはちょっと味覚の感じ方が違う

もしあなたがこんな状態であれば要注意です。

もっと分かりやすく言うと病院食ってありますよね。

病院食は病気の人用に作られた食事ということで比較的薄味に作られてるの間違いないですが、
病院食を食べて全然味がしないという方は味覚障害を起こしている可能性があります。

今、病院で入院していないあなたは病院食を食べることはできないと思うので、
ここであなたの体の中の亜鉛がしっかり足りているかどうかの判断ができる方法を紹介します。

あなたの体の中の亜鉛が減っているがすぐにわかるチェック方法

まずコップ1杯の水を2つ用意してください。

片方の水はそのままでいいので、もう片方のコップの水の中に耳かき3倍くらいの食塩を入れます。

よくかき混ぜた後に、両方のコップの水の味を比べてみてください。

片方のコップの水はお水。

もう片方のコップの水が食塩水。

これがはっきりわかればあなたの味覚は大丈夫です。

ただ、両方のコップの水を飲んでもはっきりとした違いがわからない

こんな状態であればあなたの味覚は異常浸してるといえます。

つまり未確認以上があるので舌の上の味蕾細胞が減っているかもしれません。

舌の上の味蕾細胞が減っているということは、体の中の亜鉛が減っている可能性があります。

体の長野江が減っていれば血管の柔軟性が落ちて動脈硬化や脳梗塞などのリスクが高くなっている状態といえます。

今からでも遅くないので毎回の食事で亜鉛をしっかりとって結果の柔軟性を高めることができます。

亜鉛を多く含む食材はこれだ!意識して取るようにしよう

亜鉛を多く含む食材をここで紹介します。

まず圧倒的に亜鉛を含む食材は牡蠣です。

カキ鍋やカキフライなんかにして食べるといいですね。

ただカキは高級食材なので毎日食べるのは難しいですね。

その他にも亜鉛を多く含む食材があるのでいかに紹介します。

・豚レバー
・牛肩ロース
・カシューナッツ
・アーモンド
・タラバガニ
・毛ガニ
・プロセスチーズ
・カマンベール

このような食材を使って毎日少しずつでも亜鉛をしっかりとれるといいですね。

亜鉛を少しでも摂るために!毎回の食事にちょい足しできる2つのトッピング

毎回毎回亜鉛を意識して食事を作るのは大変なことです。

だからこそ毎回のご飯にチョイ足しできてふりかけのように使える亜鉛が豊富なものがあります。

それがこの2つです。

・卵
・チーズ

1日1個の卵とることができれば亜鉛をだいぶ摂取することができます。

卵嫌いな方であればサラダなどにチーズをかけて食べるのもいいですね。

特にパルメザンチーズには亜鉛が豊富に含まれているので、前にサラダを食べるという方はパルメザンチーズを振りかけて食べると亜鉛を効果的とることができますよ

まとめ

いかがですか?

・血管年齢を常に若くして若々しくいたい
・病気なく健康に過ごしたい

これは誰もが望むことではないでしょうか。

毎日の食事を少し意識するだけでこれは実現することが可能です。

今もしあなたの血管年齢が今の年齢よりも上で、動脈硬化が住んでいたとしても亜鉛をしっかりとることで血管の収縮をすることは可能だと分かっています。

今からでも、今回紹介した前の取り方や前を豊富に含んでいる食材を積極的にとって結果を若々しくして過ごしてください。